ボリンジャーバンドを表示する

チャートにボリンジャーバンドを表示する方法。
メタトレーダーで初期設定のままボリンジャーバンドを表示すると3本線(2σ)のものしか表示されず、5本線(1σと2σ)を表示したいという疑問を持つ人が多いのではないでしょうか?
5本線のボリンジャーバンドを表示するには標準偏差の数値を変更したボリンジャーバンドを2つ表示すればOKです。

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Adobe Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Adobe Flash Player by downloading here.

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線を中心に、その上下に線を引いたもので、移動平均線と標準偏差(1σ・2σ・3σ)で構成されています。
(動画の説明では標準偏差1σと2σの2つしか表示していませんが、必要な方は3σのものも同様の手順で表示してください。)

標準偏差とは、平均値からどれくらい離れているかを示す数値のことを言います。
その標準偏差を計算して、チャート上に表示したものがボリンジャーバンドです。

統計的にみて為替レートは1σ内に68%、2σ内に95%、3σ内に99%収まるといわれています。
また、相場はバンドからバンドへ移動するとも言われます。

ですから、ボリンジャーバンドをロウソク足が割り込んできたら、逆方向のバンドに当たるまで相場が動く可能性が高いのでは?と分析するのに使われる指標です。

メタトレーダーを使ってみよう

テクニカル分析ツールを使う

オシレータ系

  • RSI(相対力指数)
  • ストキャスティクス
  • MACD

ターゲットを予測する

  • フィボナッチ数

メタトレーダーで直接トレードする

  • MT4で直接トレードするメリット
  • MT4に対応した日本のFX会社は3社だけ
  • 海外のFX会社に目を向ける
  • デモトレードで体験してみる

EAを使って自動売買(少し上級編)

  • EA(Expert Advisor)って?
  • 人気のEAを紹介
  • 自動売買するには?
  • EAをトレード判断だけに使う
FXTF