レバレッジ規制はじまる! 海外のFX業者は対象外

金融庁は投機的取引を抑制するため、レバレッジの上限を25倍までに制限すると発表。
2010年8月から50倍に、その後2011年8月には25倍に制限されることになりました。

最大25倍まで抑制されるレバレッジ…

FXが爆発的に人気になった理由のひとつに「レバレッジを利用して少額の資金でもハイリターンを狙える」ことがあげられます。10万円の証拠金で100万円のトレードをすればレバレッジ10倍。1000万円なら100倍です。(100万円分のトレード=10万通貨=10枚とも言います)

レバレッジを効かせてトレードすることで少ない証拠金しかなくても、その何倍もの取引ができるので大きな利益を期待できますが、逆方向にレートが動いてしまうと、当然大きな損失になる可能性もあるわけですが、この高いレバレッジを効かせることができるということがFXの最大の魅力であることは間違いありません。

金融庁は「投機的取引を抑制するためにレバレッジを最大25倍まで抑制する」ことを決定し、2010年から実施されることになります。第一段階として2010年の8月から最大50倍に、そして翌2011年8月には25倍にまで抑えられることになります。

FXを始めたばかりの初心者の方であれば低レバで取引することで「勝っても負けてもちょっとだけ。」というのは資金の変動が少なくたしかに安全かもしれません。しかし、「少額の資金しかないけど、ここは間違いなくいける!というタイミングではハイレバで勝負したい」という方にとってこのレバレッジ規制は大きな痛手になります。

また、最大レバレッジがあまりに低くなってしまうと「耐えられる変動幅」が狭まってしまいます。この結果、トレードする玉数を抑えるか、そうでなければストップ注文を今までよりも低く設定するなどの対策をしないと最悪の場合ロスカットになってしまう可能性が高くなります。

そこで注目したいのは海外のFX業者です。

海外FX業者はレバレッジ規制の対象外。200倍もOKです。

今回のレバレッジ規制は日本国内のFX業者だけが対象になります。

海外のFX業者は関係ないので今まで通り高いレバレッジでの取引をすることも可能です。

「海外って・・・英語できないんだけど。。。それに、入金とか出金とかややこしいんじゃないの?」と思う方も多いことでしょう。

でも実際は、ちゃんと日本語の申し込みサイトが用意されていたり、日本語のサポートデスクがあったりと英語ができない人にも安心して利用できる海外業者もたくさんあります。

また、入金は日本国内の指定された銀行に入金すればOK、クレジットカードでの入金も可能というところがほとんどです。

出金は日本語サポートに出金したいとメールか電話をすれば用紙を送ってきて、それにサインして送り返せば2,3営業日で指定口座に出金できます。

日本国内のFX業者となんら違いはありません。

そしてなんといっても海外FX業者ではMetatraderが標準のトレードツールとして採用されているところがほとんどです。

日本だけのレバレッジ規制など関係ない、海外の業者でトレードを試してみてはいかがでしょうか?

FXTF